Raspberry Pi 4BとRaspberry Pi OS 64bitの組み合わせでUSB bootが出来るようになったのでインストールが楽になりました。

今まで、USB boot非対応の時は、microSDカードにいったんインストールしてからSSDに入れ直す等の小細工をして使用していたのですが、上記組み合わせでbalenaEtcher等を使って直接SSDにOSを組み込む事が可能になりました。
手間無く、そして時短になりました!やっとですが大歓迎!!

テスト用に色々な使い方をしていたので、OSの入れ直しなんて何度やっていたか・・・それが楽になるのだから本当に大歓迎です。
とは言うものの、Debian系とUbuntu系両方をそれぞれ普段使っている私としては微妙なターミナルでの設定の違いがいつも頭の中でゴチャゴチャです。
余計な操作をしてしまう事もしばしばです。そっちの理由で入れ直しが多いともいえなくもないので楽なインストールは大歓迎です。


関連記事

LinuxでUSB接続のストレージをsambaで共有する

Let’s encryptの証明書更新でエラー

LinuxからNasne(ナスネ)を共有

Raspberry pi 4 USB bootサポートはいつ??

Raspberry Pi 3+ その他の設定覚え書き

Raspberry pi 3+でFTPサーバーを