作成したプログラムファイル名 20080711-xport.lzhを載せておきます。
LHAで圧縮してありますのですぐに使って見たい場合はダウンロード後解凍して使って下さい。
使い方は
1.起動後、adress欄にキットを改造したXPortのアドレスを入力。
2.Xportの使用するPort Noを入力。
3.隣の接続ボタンを押す。
「更新出来ます」の表示になったらOKです。
4.「PTT」ボタンを押せば送受信が切り替えられます。
ついでにプログラムのソースをLHAで圧縮して載せておきます改造したい方はどうぞ。
20080711-xportpascalです。
尚イントラネット上の実験なら問題はないでしょうが、インターネットを介してのXportへ
の接続は、やはりいろいろな危険性が伴いますので、個人の責任の範囲で実験して
ください。XportのデフォルトのポートはXPortの仕様で30704に固定されていますから
ポート転送などで変更しておくのは言うまでもありません。

関連記事

C# UDP通信のためのコンポーネントの作成

C# 既定のブラウザでURLを開けずエラーの対処

DSO-TC3を買ってみた!!

QRCodeMaker(QRコード作成、読取りソフト)

LinuxでUSB接続のストレージをsambaで共有する

ホスト名(ドメイン)からIPアドレスを取得する方法 覚書

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA